鼻炎・鼻づまりの症状を起こす原因には、アレルギー性鼻炎以外に血管運動性鼻炎である可能性もあります。

アレルギー性鼻炎は季節性のものは花粉症と呼ばれており、有名なので、鼻炎・鼻づまりが起こった時にはまず、アレルギー性鼻炎を疑う人が多いことでしょう。

しかし、花粉症と同じようにくしゃみや鼻水が出て、鼻づまりを起こしている人でも、アレルギー検査をしてアレルゲンが発見されない場合、血管運動性鼻炎と診断されることがあります。

血管運動性鼻炎は、鼻や目がかゆくならない点がアレルギー性鼻炎との違いです。

血管運動性鼻炎の原因は鼻の粘膜の自律神経が周囲の環境に過敏に反応することだと考えられており、熱いものを食べたり、寒い場所へ移動するなどの温度の変化によって発症することが多くあるので、「寒暖差アレルギー」という通称で呼ばれることもあります。

悩んでいるなら耳鼻科へ診てもらうのがオススメです。

また、空気の乾燥もこの鼻炎を悪化させる原因になりやすく、自律神経の乱れが症状を悪化させることにつながりやすいため、生活環境を整えたり、睡眠不足を避ける、ストレスを解消するなどの方法が鼻炎の症状を予防するのに有効と言えるでしょう。

なお、血管運動性鼻炎の治療は耳鼻科で受けることが出来、点鼻スプレーなどの処方も受けられるので、鼻炎・鼻づまりが気になる時は耳鼻科を受診しましょう。

ところで、鼻炎には他にも萎縮性鼻炎薬剤性鼻炎という種類もあります。

萎縮性鼻炎は高齢者に多い病気で、鼻の粘膜が乾燥してかさぶたが出来やすくなるのが特徴です。

薬剤性鼻炎は、血管収縮剤が入った点鼻薬を使い過ぎたことで鼻づまりがひどくなってしまった状態のことです。

これらの鼻炎についても耳鼻科で診察を受ければ適切な治療を提案してもらえるため、鼻炎・鼻づまりに悩んでいるなら医師に診てもらうことをおすすめします。

鼻炎・鼻づまりの対策室|鼻炎,鼻づまりを解消するための方法が参考になりました。